2009年10月29日

ダメージ

 ラーメンライスなんて、もうぼくには量が多すぎるんですけどね。

 ふくちぁん貝塚店。
 餃子定食(880)

 ましてや、プラス餃子なんて。

 でも、こういうものが食べたかったんです。

 食べ放題キムチバーより、白菜キムチと昆布のキムチ。

 化学調味料満載のチープな味が魅力のふくちぁん、ひとつひとつ化調に塗れているのですが、不思議な魅力があるのは、恥ずかしげもない最大公約数的なうまさを追求した結果でしょうな。
 ごはんに乗せたキムチが旨い。
 でも近所のスーパーでちゃんと発酵したキムチを買って、炊きたてのごはんと食べれば、もっと旨いのは確実。

 餃子は凡庸。単品なら190円という値段を考えれば、健闘、と言うべきか。
 皮がなー。いろんな変わり種餃子がありますが、餃子の旨さって、結局は皮だよなー。

 しかし、でんぷんにでんぷんを重ね、塩分に加えて塩分をとる、このメニュー……体に確実にダメージを与えてるよね……
 

 
  


Posted by guntech at 08:51Comments(5)ふくちぁん

2009年09月01日

チャイニーズ・シンドローム

 ひさびさに神座でも――とおもいつつ、26号を北上してて、びっくり。

 ふくちぁん 貝塚店

 大阪に多いチェーン店で、岸和田にあるのはわかってて、そのうち行こうと思ってました。

 メニュー(一部)



 三枚目は期間限定、この記事を書いている現在、終了してます。
 なら、アップしなけりゃいいだけど、この中から頼んだので。

 どっさりねぎきざみチャーシューメン(720)


 そして、ここのウリは、キムチバー。すごいネーミングだぞ、キムチバー!

 キムチは、発酵していないもの。まあ、すこしはしてるのかもしれないけど、白菜の浅漬けにキムチ味のたれを絡めたもの、化学調味料、満載――それにしては、おいしい。これでごはん一膳ぐらいは、いける。キムチバーには大根の酢漬けや生姜なども。

 ラーメンは、とんこつ。とんこつといえばこんなんだろう、というオーソドックスなとんこつ。端的に言えば、業務用スープがこんな感じだろう、という。これも化学調味料がはっきりと感じられる。なかなかおもしろいのは、辛みの粉が備えつけられていて、これが茶色という興味深い色をしているのはともかくとして、これを足すと、辛みよりもさきに強烈な旨みが広がって――これにも化調が入ってる。

 あさつきと長ネギは、メニューに偽りなしでけっこうなボリュームが入ってる。ふつうのメニューでは、これがないとすると、すこしボリュームは少なめか。
 店内のあちこちにチャーシュー自慢が掲げられていて、それに違わず、チャーシューは旨い。どぎつい味がついてなくて、わりとよろしかった。

 B級テイストが魅力でしょ、ふくちぁんは。
 それにしては、値段は高めか? でも(メニューで撮りきれてないけど)餃子は190円。

 ふくちぁん貝塚店
 大阪府貝塚市福田103-1
 072-438-8887
 11~4
 無休
 ※公式HPにまだ情報が載っておりません。店の前に花輪もあったし、開店まもなくなのでしょうか。
  
タグ :ラーメン


Posted by guntech at 08:37Comments(2)ふくちぁん