2010年07月09日

マンモーニたちに

 従業員が女性が主体だからかな? 家庭的な雰囲気がお気に入り。
 お食事処 ふみ。

 ごはん大+いわしフライ+炊き合わせ+みそ汁(150+300+150+50) ¥650


 いわしフライ

 サイズは小さいですけど、ほろほろとした身が新鮮さを窺わせます。歯に触る小骨なんかもなくて、丁寧に仕事されてます。

 炊き合わせ

 よく味の染みたこんにゃくが旨い。

 駐車場があれば……なあ……w

 

    
タグ :大衆食堂


Posted by guntech at 09:20Comments(0)お食事処 ふみ

2010年04月12日

手作りの味

 お食事処ふみへ。
 紀の川市にも同名の店があって、やきそばがおいしそうなんだけど、こちらは十一番丁の、食堂。なんか関係あるのかな?

 おかずはこんなの。

 ぶりのてりやきがおいしそうだったんだけど、揚げ物の魅力に負けました。だって、おねえさんが、揚げたてですよー! なんて言うんですもの。

 コロッケ+ごはん大+まびき菜+みそ汁(300+150+150+50)


 コロッケ、揚げたてですよ!

 冷凍物の、なんだろな? この甘み? というコロッケではなくて、手作りのジャガイモの味の、コロッケ。強い味がついていないので、ソースをドバドバかけて食べます。ウマイ!

 ごはんは大で150円、みそ汁は50円、と安めの設定。おかず類は若干高めなで、結果的には並の値段になります。でもみそ汁は、昆布だしがよく効いていて、50円は安い。テーブルには無料の漬け物とか昆布の佃煮とかあるので、それをおかずにみそ汁二杯とごはんでも、食事として成立しそう。でもマナーとして、無料のは一皿で――わたしは昆布の佃煮を選びました。これ、出汁をとったあとの昆布だろな。漬け物は、いただいてないのでわかりませんが、おそらく大根菜。材料を無駄にしない姿勢は、じつに好感がもてる。

 手作り感がいい、食堂でした。

 メニュー

 コロッケが大皿、まびき菜は小皿。

 お食事処ふみ

 和歌山市十一番丁45
 11~
 日祝休み  
タグ :大衆食堂


Posted by guntech at 09:02Comments(2)お食事処 ふみ