2010年07月27日

いろんな味で

 穴蔵らーめん。
 あっさり塩味のやつを細麺で。

 穴蔵ラーメン:焼き豚(750)+麺大(100)、細麺硬めで


 うん、すっきり塩出汁味にも麺は細麺の方がいいな。
 こちらのお店は、どちらにしろ細麺が、わたしは好みです。

 ここは調味料として、ラーメンタレ、辛子味噌、フライドガーリック、胡椒、と置いてありまして、今回の目的はそれで調味して、いろんな味を楽しんでみよう――というもの。
 たくさんの食材のおいしさが凝縮されてますよ的な、おいしい鍋の締め的とも言える、神座ライクなスープですから、神座同様(おろしにんにく、豆板醤、辛子ニラなど)食べつつ味を変えていくのが楽しいはずだよな、と。

 結論としましては、辛子味噌もラーメンタレも、入れれば味が変わって楽しいです。淡泊な味わいのスープなので、味噌も醤油もしっかり受けとめます。ただ、どちらも塩分が濃いものなので、いろいろ試してると、味はすごく濃くなります。
 フライドガーリックは、入れれば入れるほど旨くなるのですが、あたりまえですが味わいの繊細は殺されてしまいます。量はほどほどに……w

 あ、それと。

 つけ麺、始めました。  
タグ :ラーメン


Posted by guntech at 09:08Comments(0)穴蔵らーめん

2010年07月14日

脊髄反射

 細いのは頼んない――という先入観があって、太麺にしますか細麺にしますか? とたずねられたら、反射的に太麺! と答えてましたけど……

 穴蔵らーめん。
 豚骨醤油+大(680+100):細麺硬めを


 ああ、なるほど。
 細いから本数は増えて表面積も増えているわけで(太麺では代わりに縮れてるわけですが)スープがよく絡む。硬めの麺もプチプチと歯切れがよくて。濃厚だけどくどくないスープですから、麺に絡めば絡むほど、味わいも増すわけで。

 もちろん好みですが、わたしはここの豚骨醤油には細麺が合うと思います。  
タグ :ラーメン


Posted by guntech at 09:35Comments(2)穴蔵らーめん

2010年06月23日

折れない腰

 穴蔵らーめん。
 二回目の訪問です。

 豚骨醤油:つくね+大盛り(680+100) 太麺チョイス


 つくねはつくねでおいしいんだけど、あっさりしてるし、具のパンチは足りないよなあ。
 でも、あれまあ、スープがおいしい! 豚骨醤油といいながらあんまり醤油の感じられない今風で、たぶん野菜由来の甘みものって、まろやかな味わい。酒粕?

 最初に具が弱いと書いてしまいましたが、しこしこと歯ごたえのある太麺と、まろやかなスープで、一杯の世界が完結してます。また、辛子味噌、にんにくチップと、そなえつけの調味料を投入して味をかえましたが、まろやかなスープはもろやかなまま、辛子味噌とにんにくの味を受け止めて、腰が折れない。

 
   
タグ :ラーメン


Posted by guntech at 09:17Comments(0)穴蔵らーめん

2010年06月12日

新たなる挑戦者

 ニューカマーです。
 穴蔵らーめん。
 まずはお店の名を冠したラーメンを。

 穴蔵らーめん両方入り(850)+大(100) 太麺をチョイス。


 む。
 塩ラーメンだ。鶏ガラと魚介のダブルスープ、ということになるのかな? すっきり舌触りのなかに、深い味の組み立て。野菜の香りがするのは具の白菜かなぁ。
 あっさりなので、太麺にしたことを後悔したんですが、麺にスープが絡んでこないということはないので、やはり旨みが強いんだろうな。
 で、塩スープ、あっさりなので懐が深くて、備え付けのフライドガーリックを振ると風味が変わって嬉しいことに。久々にスープまで飲み干す一杯でした。
 チャーシューは貧弱。つくねはおいしいけど、ラーメンの具としてはパンチが弱い。また白菜とつくねに注目すると、否めない、鍋の締めのラーメン感が増す。
 次回は豚骨醤油をぜひ食べてみたい。

 メニュー


 ランチメニュー


 穴蔵らーめん
和歌山市島崎町5-3
11:30~24
0734073413
   
タグ :ラーメン


Posted by guntech at 09:40Comments(3)穴蔵らーめん