2009年10月31日

ポンポコー

 道とん堀、向店。
 ごぶさたです――いや、新聞の折り込みチラシに半額クーポンが……いやはや、すいません。

 お好み焼きデラックス(924/2) ¥462

 ホタテまるごと、牛、豚、鶏、イカ、エビ――これでもか、と具が入ってます。

 ぐっちゃぐっちゃかき混ぜて、熱い鉄板に落とします。

 壁面には焼き方のコツとして、まず6分、裏返して5分、さらにかえして3分、と書いてありますが、そんなに時間をかけると焦げちゃいますよ。でも、お好み焼きはじっくり時間をかけて焼いた方がうまいのは確か。

 ハイ、できあがり。


 いくら豪華な具をいれようとも、たいして存在感がないのがお好み焼きですが、さすがにホタテはわかりました。
 さすがに旨いな。

 マヨネーズもありましたが、ほとんど使いませんでした。マヨネーズのないお好みなんて――という人種だったはずなんですが、具が豊富だからか、味にバリエーションがでてるということでしょうか。また、ソースも、鉄板に垂れてジュウジュウいうくらいにかけるのが常でしたが、節制しました。
 大人になったんだろうなぁ……っていまさらですか。
 
  
タグ :お好み焼き


Posted by guntech at 08:33Comments(3)道とん堀

2008年07月10日

お好み焼きの醍醐味とは

 いちど行ってみなきゃなぁ、と思いつつもなかなか脚が向きませんでしたが、行ってみました。

 向、ばーぐ亭の跡地にできた「道とん堀」。福生うまれのお好み焼きチェーン店です。

 ランチメニューではお好み焼き、焼きそば、もんじゃ焼きの三種のうちから二つを選ぶハーフメニューなど用意されていますが、焼きそばは気分じゃないし、もんじゃは食べたことがないので作り方がわかんないし。ここ、焼くのも完全セルフです。メニューには広島焼きもあり、あれって素人でもできるんだろうか。
 メニューもなんだかごちゃごちゃしていてややこしい。豚玉とかイカ玉とか、シンプルな選択はない。

 バランスミックス(924)

 イカ、エビ、サーモン、豚、チーズ、豆(甘く味付けしていない茶福豆みたいなやつ)――ほかにも入っていたかも。

 かき混ぜて、鉄板に投入。


 できあがり。


 …………うふふ。ひっくりかえすの失敗しました……お恥ずかしい。練りが足らなかったのかなぁ、粘度がなくて、コテで支えていない部分のすべてが崩落してしまいました。

 味は良かったですよ。たくさんの具がほとんど味に感じられないのが難点といえば難点で、わかったのは豚の脂とサーモンの生臭さ。チーズがわからないのは意外でした。こんなにたくさんの具はいらないな。
 客も入っていて、慶喜でござる。

 なんでなかなか脚が向かなかったというと、お好み焼き屋に行くたびに、これ、ぼくでも作れるんじゃないと思ってしまうので。広島焼きは別ですが。
 今回も食べ終わった後、自分で作るものよりは旨いとは思いましたが、冷蔵庫にある野菜の切れ端や、あまった練り物や、てんぷらをしたとき取り除いた揚げ玉や、そんなものをごちゃっとぶち込んでつくるお好み焼きも、始末の快感もあって、なかなか捨てがたいものがありますので、うーん、これを1000円近くも出すのなら……と考えてしまうわけですな。  
タグ :お好み焼き


Posted by guntech at 10:31Comments(3)道とん堀