2008年12月18日

ゑ子イスト

 寒い。
 寒いときのうどんは格別だ。熱い出汁がたまらない。湯気で出てくる鼻水なんかをすすりあげつつ、出汁を味わいのも醍醐味だ。

 ゑ子。
 エゴうどん(1000)


 ゑ子のゑ子イストのための(と、メニューに書いてある)、具だくさん豪華うどん。
 まず、エビ天でしょ、とろろ昆布でしょ、わかめでしょ、月見でしょ、肉orかす(かすを選択)、きざみorきつね(きつねを選択)。やあ豪華、6種の具。

 太めの腰のあるうどんを啜って、出汁を頂く。エビ天は出汁を吸い続けてやわらかくなり続けているので、カリッ感が楽しめるうちに、と急いで囓る。揚げたてだ、熱い。またうどん。で、このへんで気づく。食べるに従って、具がどんどんぐちゃぐちゃに混ざっていく――個々の味を楽しむには急がなければ。わかめ、とろろ、かす。出汁。うどん。エビ天、あ、もうふやけてる、箸でつかむと衣だけ落ちた――あ、きつねを忘れてる。とろろ、わかめ。出汁……卵は黄身を傷つけないように(割ってしまうと、白身と区別がつかなくなる。じつは生の白身が苦手。ぬるっとした感じが……卵を抜いてと言えば良かったんだけど、提供されてから生卵が落とされていることに気づいた)。うどん。あ、七味も楽しみたい。あ、ここは一味があるぞ。そっちを投入。出汁は讃岐風ということなのか、魚出汁の強い、甘みの少ないものだけど、一味が映える。うどん、落ちた衣、海老を完食、尻尾はテーブルに置くのは行儀が悪いので、食べちゃえ、あれ、かすって食べたかな? 落ちた衣と区別がつかなくなっているぞ……

 ………………忙しいわ!

 いや、ゑ子はなんにも悪くないんですけど、こんなに具だくさんはあれもこれもと忙しい。かまぼこなんて、こうして写真を見るまであったことにさえ気づかなかった。
 もっとゆったりと、うどんと出汁、出汁と具、そして七味一味なりを投入したあとの味の変化を楽しみたい、ぼくでした。

 あと、これもゑ子は悪くないんですが、飲み屋街にあるので、締めとしての使いようなんでしょう、ボリュームが少ない。

   


Posted by guntech at 09:11Comments(7)ゑ子(閉店)

2008年11月30日

訪問は金曜日

 うどんなんかも視野に入ってきたのはやはり年齢なのかな。以前はもう、ラーメンばかりだったんだけど。

 ゑ子(えご)

 けっこう歴史のある店みたいですね。ぶらくり丁へは移転してきたみたい。
 新しい店を探すときは、Web9割口コミ1割ぐらいなんですけど、ここは完全に足で探しました。とはいっても、深夜、完全に道に迷ってぐるぐるまわってたときに見つけたんですけど……ナビなしです……

 かすうどん(700)


 かすうどんというのは初めて。
 なんでしたっけ? 脂を取った牛の大腸の絞り滓でしたっけ? ホルモンは総じて苦手なんですけど、これだけ原型がないと平気です。
 ふうむ……香りがいいなぁ。魚系(いりこかな? 昆布のまろやかな感じは薄かった)のだしの香りの中に、脂の濃厚な香り。昆布が強いと、負けちゃうんだろうな。
 うどんはエッジのあるもの。手打ちなのかな? 太めで、腰と言うほどではないにしても歯ごたえがある。かすも乾いているものが出汁を吸って柔らかくなり、しこしことした歯ごたえとともにジンワリと脂のうまみが滲み出てくる。
 うん、旨い。
 ただかすは、もっとたっぷりあるとうれしいな。うどんも酔客を相手にしているからか、ボリュームは少なめ。

 相席でしたので、メニューを撮るのは遠慮しましたが、一品も豊富で、とくに天ぷら類はおいしそうです。向かいのお客さんは、キスの天ぷらと鯖の塩焼きで、ビールをきこしめていました。

 ゑ子(えご)
和歌山県和歌山市北新5丁目56
電話 073-432-5736
 営業時間は4:00ぐらいまでやっているようです。定休日はわかりませんでした。
 だって行ったのは金曜の深夜で、お店のひとに聞こうにも、すごく忙しそうだったもので。


  


Posted by guntech at 10:16Comments(0)ゑ子(閉店)