2009年03月31日

ビジネス街のお昼

 コメントにておすすめいただいたお店。

 珉楽


 ランチの看板

 お、おお!? 安いんじゃないの!

 メニューはこんな感じ。


 全体的に安め。

 店内には、さらに詳細なランチメニューがありまして、麻婆豆腐のランチなどもありました。
 天津飯が旨いということでしたが、せっかくのお昼時なのでランチメニューから。甘酢ものも良いとのことでしたし。

 エビ甘酢煮込みランチ(700)

 お昼はほとんどが600円ですが、これは豪華版、700円。

 エビ甘酢


 すばらしいボリューム。中ぐらいのエビが8つか9つぐらい入ってました。品質は中ぐらいのものですが、数では満足。甘酢の具合も好みよりも甘みが強いとはいえ、いやな甘さではなく。難を言えば、野菜が薄くて頼りないこと。もうすこし厚めに切って、野菜の味も楽しめるようにしてくれれば。
 スープはラーメンのスープ、そのものでしょう。鶏ガラベースの強い醤油味。もうひとつなにか濃厚さを感じる味がありましたが、なにか判然としません。

 それにしても価格がすばらしい。
 ランチなら、単品そのものの値段。酢豚なんか、単品よりも安くなっているので、これがお店のイチオシメニューということになるのかな。

 中華料理 珉楽
 和歌山市6番町(くわしくはわかりませんでした……グーグルのマップの最大倍率で載ってます)
 0734323252
 11~14 18~23 LO22
 店の前に2台分の駐車場あり。  
タグ :ランチ


Posted by guntech at 08:28Comments(2)珉楽

2009年03月30日

野菜も摂れる

 またラーメンです。

 天一と同じで、たまに食べたくなりますねぇ。
 神座。岸和田店です。

 ラーメン中(830)+わかめ(100)+煮卵(100) ¥1030


 もやしなりネギなり、野菜系のトッピングが充実しているところって、意外とないですよね。思い返しても、神座ぐらいしか思いつかない。ネギだけなら、いろんなところでありますけど。
 わたしのお気に入りはわかめ。
 塩蔵のものを塩抜きして、水を切っているので、歯ごたえもありますし、熱いスープに放ったときに香りもたちます。わかめはうまい。

 なのに、海藻を食べる習慣は、ほとんど極東の国にしかないらしい。おいしいのに。昆布なんか、出汁をとったうえに、具として使える優れもの。しかも体にいい。
 なぜかなー? と考えると、日本の伝統的な料理の場合、脂のうまみというものを顧慮しないからかな、と。肉食は仏教伝来とともにマイナーになりましたし、魚だって、焼く段階で脂を落とす。マグロだって、昔は脂がいやがられて、トロの部分は捨てたとか……で、わかめ。わかめはそのものではちっともおいしくない、出汁なんかのほかのアミノ酸系のうまみをフォローして高めるんだって、むかし「ためしてガッテン」で見た記憶があります。出汁の、または味噌醤油などの発酵食品の、うま味というものがあるから、わかめをおししく食べられるんだろうなー。韓国だって、わかめはスープだし。
 わかめの油炒めなんか食べられませんものね。

 あ、でも、居酒屋なんかで海藻サラダを頼むとマヨネーズとわかめを食べることもありますが、まずくはないなぁ。あれは酢のおかげか?  
タグ :ラーメン


Posted by guntech at 09:49Comments(2)神座

2009年03月28日

恐怖!

 園部の四天王へ。
 あのチャーシューをガブリと食べたい、肉食獣の気分だったので。

 たかなラーメン(750)

 たかなと挽肉を甘辛く炒めたトッピング。

 今日のチャーシュー


 ラーメンといえば、付け足すのなら辛さ、という印象がありますが(ぼくだけ?)、これはたかな漬けというものの一般的な印象を裏切っての、甘いラーメン。甘辛の甘の部分が、この一杯を支配してます。
 ぼくは辛いもの好きなので、甘さに辟易するかと思いきや、ここのスープとわりと合うんですなぁ。もちろん、辛いのも合うのがここのスープなんですけれども。

………………

 で、このあたり、いま道路の拡幅で工事してるじゃないですか。
 そのせいで、道路が工事の便宜のために、恣意的に区切られていてややこしく……帰り、信号の変わり目で急いで右折したところ、焦りすぎたせいで、反対車線に進入してしまいました……

 いやぁ、怖かった。
 もっと怖かったのは、ぼくの車と対向したドライバーさんでしょうけど……ぼくもそのときは、対向する車をやり過ごして、先に見えるT字路に入って方向転換することしか考えられなかったものですから、反対車線に入ってきた車にびっくりして、徐行する対向車にイライラしてしまいました……早よ、行けや、おまえをやりすごしたあとに方向転換するんやから、早よ、行けや! という感じで。
 ごめんなさい。  
タグ :ラーメン


Posted by guntech at 11:50Comments(3)四天王(閉店)

2009年03月27日

欣喜雀躍、胃が。

 ちかごろ、天津飯を食べてないですよ。
 と、わたしの胃が主張しましたので、その意見を尊重しました。

 海星楼。

 天津飯(550)


 ひと口餃子(250)


 やっぱり天津飯はうまいなぁ……胃が喜んでいるのがわかります。
 ここのはちょっと複雑な甘みがある。後味に甘みが広がるので甘酢? と勘違いするんですけど、酢は感じない。カニではなくエビ、というのも潔くて良い。

 餃子は具がちょぴりの、具よりも皮を味わう系。にしては皮が弱い。でも安いし、数も多いからな。  


Posted by guntech at 08:55Comments(2)海星楼

2009年03月26日

あいがけに開眼!

 さて。
 あいがけカレー、別の店舗のものも試してみましょう。

 すき家
 牛あいがけカレー(510ー50) 三月末日まで、カレー50円引き。


 前回の吉野家が豚だったので(そのときは豚しかなかった)、比較のためにすき家でも豚にすべきなんですが、こちらは牛のみ。しかたないですな。

 写真を見ればわかりますように、この肉にはしっかり味がついてます。牛丼の肉、そのまま。まいったなぁ、すき家は味が濃いからなぁ……と思いましたが、カレーの中ではその味も主張なし。カレーの具としての主張しかありません。
 そして、味付きの牛肉ということは、反対側ではカレーを食べて、その反対側では牛丼を楽しめるという、二倍おいしい結果に。ああ! 考えれば自明ですが、あいがけの楽しみ方はそういうものか!

 でも、すき家の家庭的過ぎるカレー――じゃがいもを煮くずれさせて、味のぼやけた感じのカレーが、残念ながら、好みじゃないのだ。  


Posted by guntech at 09:03Comments(2)すき家

2009年03月24日

油の魔力

 このIKORAで管理者画面では、どんなキーワードの検索で、この「新しい天体」にたどりついたかわかる機能がありまして(たぶん、どこのブログでもそうでしょうけど)、意外と多いのが「花むら」というワード。
 ファンが多いんでしょう。また名前を聞いて、どんな弁当かな? という御仁も少なからず。

 で、今回、頂きました。
 品数豊富で、おそらく花むらの看板である、幕の内を食べようと思ったんですけどねぇ……負けました。
 油の魔力、揚げ物を食べたい。

 エビカツ弁当(550)

 おかずはエビカツ、ウインナーの素揚げ、ゆで卵半分、素揚げのニンジン、フライドポテト、ブロッコリー、煮物は切り干し大根に、高野豆腐、こんにゃく、椎茸、かまぼこ、千切りキャベツ。
 品数は十分ですな。

 エビカツ


 ごはんは温かいものを盛ってくれます。
 ということは電子レンジは使いにくいですよねぇ……おかずは温かくなりますが、ごはんがアツアツすぎる。ということで、エビカツは冷めたままいただきました。
 や、うまいですよ。
 特別な品質ではありませんが、油がいいのかな、自然な甘みのようなものが感じられます。煮物も甘すぎるきらいはありますが、椎茸なんか肉厚で、ほかのおかずも丁寧に作られている感じ。
 人気なわけですねぇ。
 ごはんも、ぼくの好みよりは柔かすぎるんですが、うまい。

 これで550円、たいしたものです。

 ソースが添付されてましてが、千切りキャベツにまで行き渡らない。
 冷蔵庫からマヨネーズなりを取ればいいですが、ちょうど手元にタバスコがあったので、ふりふり。
 あ、いいかも。千切りキャベツにタバスコ。カロリーも低いし。
 新しい発見までしてしまいました。  
タグ :弁当


Posted by guntech at 08:53Comments(2)花むら

2009年03月23日

ある意味納得の味

 いも膳へ。
 いやあ、いも膳のHPを見ていて、気になるメニューがあったもので。

 カツオの漬け丼セット(450)+煮物二種(135) ¥585


「ごはんどれぐらいにします?」と聞かれて「中くらいで」と答えました。これで中? って口に出そうなくらいに盛ってくれました……量はあんまりありがたくないんだけど。そういうお年頃なんだけど。
 煮物はひじきとがんもの含め煮。これもなにげにボリュームあります。

 カツオの漬け

 これをごはんに乗せて、まずいただきます。
 うーん、ま、こんなもんだろうなぁ。値段の割に量は多いと思うけど、身は薄くて味わいも少ない。漬けってのは脂身が少ない赤身をおいしく食べる知恵だと思いますが、おそらく醤油に漬けたのは提供直前……身に醤油のうまさが行き渡ってません。
 で、次にお出汁をかけて。
 薬味はネギとてんかす。てんかすはいらなかったな。
 そして出汁の風味が弱いので、イマイチ感は拭えず。
 最後まで、まあ、こんなものだろうなぁ、と思いつつ食べ終わりました。
 ボリュームだけはたっぷり。

 いや、煮物のボリュームは嬉しいですよ。  


Posted by guntech at 08:53Comments(3)いも膳

2009年03月19日

謂われのない自信

 ミドリとコメリの敷地、かつてトマオニだったところです。

 赤から。

 赤から鍋ランチ(924)


 鍋の辛さは10段階で選べます。
 10でもそんなに辛くないだろうな、でも、未知の味だから、ちょっと遠慮しようと8を選択。店員さんは3で中辛ですけど大丈夫ですか? と気遣ってくれるものの、フフン、大丈夫ですと胸を張りました。

 赤から鍋(辛さ8)

 具はもやし、白菜、ニラ、豆腐、揚げ、つくね、豚バラ、モツ。肉系はほんのちょっぴり……でもまあ、これは野菜をおいしく食べる鍋なので、不満はないです。でも値段を考えると、ちょっと少なすぎるかな? と思わないでも。

 で、食べてみると……あ、辛い……ぐつぐつに煮えた土鍋が、固形燃料であぶられた形で提供されますので、辛いんだか熱いんだか、判然としませんが、鼻水がでてしかたがないことを考えると辛い。
 良かったー、10なんて言わないで。
 考えたら、ココイチの10辛でさえ、食べきるのにすこしだけ努力のいるレベルの辛さ通なんだから、おかしな自信を持つほうがおかしかったんだわ。

 そして味が濃い。辛さがアップするたびに塩分が上がってるんじゃないだろうか? コチュジャンか豆板醤を足すことで。スープを飲むと強烈な塩辛さの奥に、味噌の甘みも感じられました。辛くしすぎたようです……

 ランチのごはんは、おかわり自由でした。

赤から和歌山紀ノ川店 073-456-1010
ランチ 11:30~14:30(L.O.14:00) ディナー 17:00~24:00(L.O.23:30)
和歌山県 和歌山市次郎丸61


  
タグ :辛いランチ


Posted by guntech at 08:53Comments(3)赤から

2009年03月18日

あったらうれしい、ホタテカツ

 もうそろそろ提供期間が終わるんですが。
 モスの期間限定。

 帆立コロッケバーガー(320)

 ま、こんなものかなー。コロッケに帆立の風味は確かに感じられます。でも薄くて、主張しているようなほっこり感はなかったなぁ。
 同じ帆立なら、エビカツの要領で、貝柱をすり身でよせてカツにして、タルタルで食わせてくれたらいいな。でもホタテカツなんて見たこともないから、一から作るとなると、1000円は超えそう……そんな値段では食べませんので、なくていいです。

 もうひとつは、定番。
 モスバーガー(320)

   


Posted by guntech at 08:55Comments(0)モスバーガー

2009年03月17日

冷めるやん!

 非常にローカルな話で申し訳ないんですが、新粉川加太線――でいいのかな? 要するにパームシティの前の道ですけど、信号のタイミングがタイトになってません? 運がよければノンストップで行けたのに、近頃、必ず信号で停められるんですけど。
どうも労災病院が移転してから、タイトになったような気がするなぁ。
 基幹病院と信号のタイミングに相関関係があるかどうかは知りませんが、どうも経験上、そんな気がする。

 そんなに信号で停められたら、冷めるやん!

 ほっかほっか亭
 のりタル弁当(310)

 せっかく待ち時間を我慢しての揚げたてだったのに、帰り着いた頃には、作り置きレベルに温度が下がってるやん! プンプン!

 しかし安いな。
 安さで選んだんだから、そうでないと困るんだけど。
 タルタルは以前、手作り感のあるものだったんだけど、パックのものに戻ってる。

 菊菜のおひたしと、クノールふんわり卵スープを添えて、いただきました。
  


Posted by guntech at 08:39Comments(8)ほっかほっか亭

2009年03月14日

濃厚のなかの鮮烈

 丸亀製麺にいく途中で見てしまったのでね。
 そりゃあ、こってりが欲しいと体が疼きますわな。
 天下一品 岩出店。

 こってり大+ネギ(840+50)


 むーん、食べたいと思っていたものにありつけたら、そりゃあ、うまく感じます。
 京都で培われたぼくの天一経験値を参照しますと、岩出店は平均以上の店数を叩き出しますよ。スープに濃度がありますし、麺もつるつるして、なかなかよろしい具合。

 ただ、値段は高め。
 そしてわざわざ別料金をだしてまで、なのに、ネギが少ないのは寂しい。でも、どろどろの濃厚スープを口に含んで、ネギをかんだときの鮮烈さがうれしいから、やっぱり別料金を払うんだな。  
タグ :ラーメン


Posted by guntech at 08:13Comments(6)天下一品

2009年03月12日

まだそんな季節ではない

 ココイチで今年も始まりました。

 アサリカレー(630)+フィッシュフライ(150) ¥780


 あさりカレー、べつにあさりの奥深い味わいが感じられるとか、カレーのソースとベストマッチとかいうんじゃないんですけど、それどころかカレーの強さに味なんかわからないくらいですけど、なんか好き。季節感……じゃないよなぁ……本来旬にはちょっとはやいし、そもそも旬の時期に(すくなくとも今期では)獲ったものを提供しているわけでもないでしょうから。
 まあ、あさりそのものが好物なんです。
 あと、トッピングであさり自体の値段は200円。コロッケひとつ200円ということもありますから、あさりで200円は、納得できる値段でもあります。
 普段は1000円弱払っているココイチですから、もう一品トッピングしてもいいや、と、ココイチにしては驚異の安さ、しかし旨いフィッシュフライを加えて。

 あさりが隠れてしまうので、先に写真を撮りましたが、たべるにあたってもちろんこの状態に。
  
タグ :カレー


Posted by guntech at 09:44Comments(3)CoCo壱番屋

2009年03月11日

懊悩のうどん

 あ、ひさしぶりにクレイジーソルトでチキンガーリックステーキでもよろしなぁ――という気分になりましたので、買いに行こうと。どこでも売ってるだろうと、オークワに行ってみたものの見つからず、むかし和歌山県外に住んでいた頃にはイズミヤで買ってたなぁ……と、国体道路のイズミヤに行こうとして、しばし考える。
 川辺のイズミヤでも売ってるだろ。
 ならついでに丸亀製麺にも行ける!

 外観

 TSUTAYA WAYとかジョーシンとおなじ敷地内です。イズミヤより向こうにあるので、ついでとは言い難いのですが……

 HPでメニューを見つつ、本気で悩みました。
 二品は食べられる。
 なら、なにを選ぶべき?
 店として自信がありそうな釜揚げは外すべきではなさそうだ。しかし好物のかまたまとかけのどちらかを外すというのも、外れたときが辛そうだ。いやいや、カレーうどんもぜひとも確かめておきたいぞ。讃岐を標榜してるんだから、ぶっかけ系も、自信の品ではないのか? 初回でカレーうどんは邪道か? かけは決して、讃岐の看板ではないぞ? 
 うーん、うーん、うーん……
 三品……食べられないかな? あさましい! 満腹にさらに詰め込んで、食べ物にたいして失礼じゃないか!
 うー…………ん……

 決めました。まず、うどんそのものの味を確かめるため、釜揚げ。出汁に浮かぶうどんというものが好みなので(天ぷらとの相性も)、二品目はかけ。それで気に入れば、後日食べればいいじゃん。

 釜揚げ(280)

 たらいなんかに盛ってくれて、ビジュアルはいいですな。
 ネギや生姜なんかはセルフで。
 で、ひとくち啜りますと……は! おいしい。
 すごく香りがいいとか、すごく腰があるとかいうことはありませんが、トータルでアベレージ以上。付け汁も、甘みはありながらも突出する感じではなくて、醤油の風味も出汁の香りも、きちんと感じられる。生姜を加えると、甘みと刺激の二重奏。


 こりゃいいな、といったん店の外に出て(そういうシステム)、二品目。

 かけ(280)+ちく天(100)+とり天(100)

 これはちょっとショックなことが……かけの出汁もセルフ。お茶をいれておくサーバーに入っていて、これはどんなものだろう? 風味がとんじゃうんじゃないの? と。
 開店間際だったからか、そんなことはありませんでした。
 関西風の奥深い組み立てのある出汁とは比べるものではない、シンプルないりこ風味の出汁。塩が主役かな。とり天は天ぷらではなきう唐揚げでしたが、歯ごたえのあるいい鶏肉でした。ちく天は……うまいにきまってるやん。まずいちく天なんて、見つける方が難しいよ。
 しかもてんぷらの類は、作り置きのものを取る形とはいえども、できるだけ揚げたてを食べてもらおうという意気込みがあって、専任の従業員がいるみたい。電子レンジがないので、出汁が冷めてしまうとイヤだなぁとおもってましたが、まだ天ぷらは充分、熱を保っておりました。

 うどんそのものではもっとおいしいところはありますが、バリエーションの豊かさがありつつ、味もいいということで、たいへんよい店でした。

 丸亀製麺 岩出店
和歌山県岩出市西野25番
0736-61-3535
月〜日 午前11時開店 午後9時30分ラストオーダー 午後10時閉店



 



 
  


Posted by guntech at 09:04Comments(8)丸亀製麺

2009年03月10日

ほら、その証拠に……

 ここはWebでクーポンを発券してます。
 煮卵(100)がサービスに。

 手平のばり馬
 にんにく濃+煮卵-クーポン(790+100-100)


 メニューにはにんにくたっぷりと書いてあったのに、見ただけではフライドガーリックのパウダーがちょっぴりかかっているだけ……なんだよ……! と思いましたが、食べてみて、濃厚なにんにくの風味に嬉しい驚き。細麺に、とろみのある(背脂でかな?)豚骨醤油、それににんにくの風味が絡んで、なかなかよろしい。
 スープの底にはにんにくのスライスが多量に沈んでいて、麺を食べ終わった後、スープとともに、にんにくをしゃりしゃりいわせながら食べました。
 にんにく好きにはよい品です。

 どうしてもここはチェーン店にしてはなかなか――という評価をしがちですが、地元店なら、もっと褒めているかも……

 昨日の記事「クーポン券などがあれば、ぼくは訪問頻度があがるんですよ」という証拠を示したかったのですが、訪問も久しぶりですし、ちょっとむりやりでしたかね。  
タグ :ラーメン


Posted by guntech at 08:58Comments(2)ばり馬

2009年03月09日

ご提案

 前回、あいがけカレーを頂いたときに、3枚綴りの50円引き券をもらいました。
 だからこうしてまた伺うわけですな。

 生姜焼き定食(500-50)


 ま、安心して食べられる逸品ですな。
 以前の厚みのある肉の方が好みですけど。豚丼と同じ肉なんでしょう、薄いので、タレの風味を受けとめて入れていない感じ。この肉を使うのなら、もう少しタレを薄味にしていただきたい。

 クーポン券の類があると、足が向くようになりますね。ぼくの場合はとくに。
「単価は下がりますが、頻度があがりますよー!」
 ぼくのよく行く飲食店の皆様に、申しあげました。
  


Posted by guntech at 08:52Comments(3)吉野家

2009年03月08日

いろんなものを食べてみたい

 ちかごろ行きに入りの桂円。
 今回は……

 麻婆飯(580)

 カニ玉小(400)

……の二品を頂きました。

 麻婆飯は味はいいものの、豆腐がイマイチ。しかたがないかもね。いいものは傷むのもはやいから、いつ注文が入るかわからない中華屋さんでは、管理しきれないでしょう。
 中華風オムレツ(まさにそのとおりなんですが)という風貌のカニ玉は、小の名に恥じぬサイズ。でも、餡がおいしいなぁ。ここのスープがうまいもんなぁ。

   
タグ :麻婆カニ玉


Posted by guntech at 08:43Comments(0)桂円

2009年03月07日

定番

 はなまるうどん。
 行ったなら、かまたまかカレーうどんははずせませんな。

 カレーうどん(399)

 この家庭風のカレーが出色なんだよなぁ。それがうどん出しとあいまって、うまい。肉もきちんと入っているし(べつになくてもいいけど)。

 そしてもうひとつ、外せないのが、安くあげるための、かけ。

 かけうどん(100)+とり天(124)

 とり天はささみです。や、やわらかく揚っていて、胡椒の風味もよく、なかなかのデキかと。

 計で¥623……そんなに安くはないか。

  


Posted by guntech at 09:01Comments(4)はなまるうどん

2009年03月06日

味覚の冒険

 だって、味覚のセンスを疑われそうだもの。

 いままでこれを食べなかった理由です。

 吉野家。

 豚あいがけカレー(440)


 カレーに、どんぶり用の肉をかけた……という認識でした。

 結果は、なんだ、肉には味が付いてないじゃない。
 ココイチで言えば、豚しゃぶカレーですよ。あいがけなんて紛らわしい名前付けるから、敬遠するンじゃない。
 そしてけっこうウマイですよ、豚しゃぶカレーよりはるかに安いし。

 あいがけの発祥はどこだろう? 早くからカレーを提供していた松屋かなぁ? 松屋はたぶん、牛丼の肉をそのままかけているような気がするなぁ。たしかめてみる……ほどのものじゃないなw
 さらに松屋では味噌汁も付くからなぁ、カレー味の牛丼の肉を味噌汁で流し込むなんてことになるのかも。

  


Posted by guntech at 08:59Comments(4)吉野家

2009年03月05日

お肉よばれましてん、お肉

 たまには焼肉もいいなー、と。

 天ざんかく 国体道路店です。

 ロース+カルビ+ご飯・スープランチ 肉大盛り(1234)

 写ってませんが、スープも付きました。味が濃いのが難点ながら、深い味の組み立てのあるスープで、わかめがこれでもかと入ってました。

 肝心のお肉

 量は十分でしょう。大盛りにしましたが。

 焼きます

 ジュウジュウ言うとります。

 や、おいしかったですよ。ボリュームもあるし、サラダや一品、スープに漬物とたくさん付いてるし、ご飯はお代わりできるし、肉そのものも、悪くない。
 これで1234円なら、十分でしょう。

 天ざんかく 国体道路店
 和歌山市新生町10-6(ビッグホエール前)
 073-426-5252
 営業時間(AM11:00~PM11:00)
       (LO⇒PM10:40)
  
タグ :ランチ焼肉


Posted by guntech at 09:04Comments(0)天ざんかく

2009年03月03日

努力は報われる

 開店当時からメニューは変わらないのに、お客さん、入っているよなぁ。
 丸田屋 次郎丸店。

 特製大盛中華そば


 スープはちょい濃厚。アベレージがわかるほど通っていないので、そこはお含み置きくださいな。
 安心して食べられる逸品。

 あと、大事なことに、大盛りになるときちんと丼が大きい。スープも多い。たいへん嬉しい。
 
  
タグ :ラーメン


Posted by guntech at 08:48Comments(6)丸田屋