2009年08月30日

ごはんセット!

 大阪王将。
 単品につけて、好みの定食に仕上げられる「ごはんセット」とはいかがなものか?

 ごはんセット(230)+回鍋肉(690)


 回鍋肉を近くで


 うん。ごはんの味は普通。長時間の保温で風味も味もとんでしまっている、ということはない。大盛り無料とのことでそう頼んだんですけど、これはどうみても並みの量。でもメタボ体型のおっさんが、このごはんは大盛りなのか!? と店員を問いただしている光景なんて、暑苦しすぎるので、スルーしました。
 スープは評するに値しない味、漬物はちょっとおいしかった。

 回鍋肉葉、そうだなー、悪くはないんだけどなぁ、なにかまとまりがない感じ。キャベツも三枚肉もメンマもピーマン、パプリカも。思うに熱なんだよねー、カッとあつい鍋でひとつに纏め上げられていない、そんな感じ。

 ちょっと物足りないだろうから、餃子も頼んじゃ追うかな、と考えてましたけど、この二品でもう、920円。1000円越えは良心が疼くので、回避しました。

   
タグ :回鍋肉


Posted by guntech at 11:59Comments(3)大阪王将

2009年08月29日

ごぼうの甘さ

 のらや。 ガーデンパークにて。

 わがまま天食(950)

 うどんも、てんぷらも、おにぎりも、あれもこれもと食べられる、だから「わがまま」という意味でしょう。

 うどんはざるだとか、釜揚げだとか、狐だとか、いろいろ選べました。ぶっかけの冷を選択。腰があって、なかなか楽しい歯ごたえはあるものの、肝心の風味がそれなり。あるいは出汁が弱いのか……ままあることですが、温かい出汁を冷やして、同じ味かというと、そうではないのだな。
 おにぎりは赤飯ではなく赤米……というか、もともとは赤米で炊くのが赤飯なんだよね?
 てんぷらは、ごぼうのうまさに驚く。甘い、そしてやわらかい。カラリとあがっていて、全体的なレベルは高い。

 ぶっかっけのうどんには大根おろしが乗せられてました。わりと大量に。天つゆにも、薬味として。こっちはちょびっとだけど。
 この夏は天気が不順で、大根なんかの冬野菜は北海道が夏の産地らしいですけど、やはり日照量が不足で、価格が高騰気味とのこと。
 いや、個人店舗なら大根が高けりゃ「いま大根高いのよー」のひとことで代用品にできるだろうけど、こういうチェーン店は小回りが利かないから、大変だろうなー。仕入れの担当者、天を仰いで恨み言をつぶやきつつ、大根の確保に奔走してんだろうなー、てなことを考えながら、いただきました。 
   


Posted by guntech at 08:54Comments(2)のらや

2009年08月28日

夏のなまもの

 まるひこ亭で動物性たんぱく質を大量に摂取したその帰り、七曲市場の、肉のまる彦の方で。

 とんかつ(158)


 二枚、買いました。

 広げた手ぐらいのサイズです。

 完成。

 とんかつ、なら千切りキャベツでしょうけど、生野菜なんて嵩張るばっかりで、機能が低いじゃないの。ニンジンとブロッコリーを電子レンジでチンして、温野菜に。味噌汁はインスタント。

 店頭では常温保存、それを熱のこもった車で持ち帰り、冷蔵庫で12時間以上の保管……だいじょうぶかいな? と不安でしたが、問題なしでした。
 ちょっと揚げすぎたのは問題。
 とんかつは厚みのないものでしたが、きちんと歯ごたえが感じられるのは、スライスの仕方がいいのかな? 繊維に逆らわない、プロのお仕事。衣もちょうどいい厚さで、できあいのものにありがちの、衣の方が厚いんじゃないの? てなことはなく。
 一枚は中濃ソース(お好み焼き用だけどね)とマスタードで。一枚はデミグラス(市販のチューブのやつだけどね)で。
 お好み用ソースでは甘みが先走りすぎたんだけど、これはマスタードで引き締まるから芳。デミグラスはソースのあとだっただけに、パンチが弱いかな? とは感じましたが、これもまたよし。
 いや、おいしかった。
 何より、158円とい値段がいい。この値段でこれほどのものが食べられるのなら、たいへん満足です。
 ま、揚げたて、ということもある。揚げたては、なにものにも勝る調味料だから。

 そしてこちらは焼き豚(240)←一円、おまけ。

 添付の市販のタレをつけずに食べると、いまいちだったんですが、つけて食べるとこれがもう!
 ビールが旨い!
   
タグ :とんかつ


Posted by guntech at 10:22Comments(3)肉のまる彦

2009年08月27日

動物性タンパク質を摂取する

 まるひこ亭

 ミックスグリル定食(1600)

 ちょっと奮発。

 ミックスグリル

 豚、牛、鶏をグリルして、デミグラスソースでいただきます。
 牛はステーキ定食の肉ではなくて、ヒレ肉。小さいけど、柔らかくて旨い。
 牛で100グラム弱、豚で100グラム強、鶏で150グラムぐらいあるかな? とにかく肉を食べたー! という気になります。
 でもそれぞれの素材の良さを感じつつ――ということはなく、肉の羅列でしかない、というのが残念か。それぞれ、もっとおいしい食べ方があるだろうに……というのは満腹になってからの感想で、食べているときは「うひょー、肉ー」と感嘆しながら食べてたんですけどね。  


Posted by guntech at 09:15Comments(2)まるひこ亭

2009年08月26日

178円の感動

 いや、これ、マジでうまいっすよ!

 日清 担々麺

 エバグリーンで178円。
 たっぷりのごまペーストがついているのでスープはごまの香りが本格的で、ちょいと辛くて、そこにごまの甘みもからんで――また、麺がいい。総じてインスタントラーメンはスープはどんどんおいしくなってきているのに、麺がついていけていない印象でしたが、この麺はいいや。小麦の香りすら――する。

 餃子味

 エバグリーンで168円。
 ブログのネタになるかな? とこんなものまで買ってしまう。
 餃子の味なんかしない。
 生産地は栃木県。あ、宇都宮か。  


2009年08月25日

呪縛、なのかも

 圧倒的な情報量の某サイトより、新店を知りました。

 麺屋十四


 メニュー


 中華そば(600)+大盛り(100)


 ふうむ。
 とんこつしょうゆ、醤油が強めで、きちんと重層的な味の組み立てがあって、麺もふつうの固さで、うまい。チャーシューは塩っ気が強くて、イマイチ。千代巻きのふわふわとした食感はおもしろい。
 総じて合格点。
 でも気の衒いのない……新店なのに、もはや老舗な感じ。いや、おいしいんですよ。

 新店なんだから、もっと、こう、びっくりさせてやろうという冒険心はあってもいいと思うんですよ。じっさいのところ、とんこつ醤油でなければならないことはないし、中華そば一本で勝負しなくてもいいし、ま、メニューはおいおい増えていくのかもしれないんですけど、ブームになっただけに、和歌山のラーメン――かくあるべし。みたいな枷に自らをはめてしまっているような気がするんですよね。
 もっとはっちゃけて欲しいなぁ。

 

麺屋 十四(じゅうよん)
和歌山市善明寺410
11:30~14
17~23

  
タグ :ラーメン


Posted by guntech at 08:40Comments(4)麺屋十四

2009年08月22日

今回も負けた

 花むらのお弁当。
 550円の値札がついてましたが、支払いは「日替わりなので」と500円でした。意味がよくわかってないんですけど、安くてよかった。

 からあげ弁当(500)


 幕の内を食べようと思って、また、揚げ物の魅力に負けてしまった……
 からあげは下味のしっかりついたものが6粒。こうして下味がついていると、冷めてもおいしいんだよな。

 相変わらず、値段に比して、満足感が高い。
 大きめに切られた、キュウリですら、なにか嬉しい。  
タグ :弁当


Posted by guntech at 08:28Comments(2)花むら

2009年08月20日

王将経験知

 8月の1日、朝日新聞より回収した餃子券がずっと財布のなかに眠ってましたので。
 王将堀止店へ。
 

 ごはん(157)+牛焼肉(504)+餃子(210)-無料券(210) ¥661

 牛焼肉は、今期のサービス品。

 ボリュームは文句なし。でも味は、スーパーで売ってる輸入肉たれ漬け焼肉そのもの。わりととろみが強いのが、中華料理店らしいといえば、らしいか。

 堀止店はごはんに味噌汁がつくようだ。

 オマケでしかないけど。

 さて、餃子を食べようとして、たれを――

 中身が何、という表示はない。
 でもぼくは過たず、黒のキャップのほうを掴んでました。
 無意識のうちに。
 これは経験知だなぁ、と思った次第。

 ちなみに赤い方は、ソースでした。ここはセットメニューで、串カツなんかがあるからと思われ。  
タグ :餃子


Posted by guntech at 03:39Comments(7)餃子の王将

2009年08月18日

食礼賛

 ちょっと離れているけど、東松江の駅の前と言ってもいいでしょう。
 車でよく前を通りますからね、気になってました。ニューカマーです。

 粉工房


 メニュー



 頼んだのは一番上に書いてあるもの。

 広島焼き(850)

 具は豚とイカ天。値段設定は「つかさ」と同じ――参考にしたのかな?

 ソースはおたふくが有名ですけど、こちらはカープソースというものを使っているそう。広島地元感満載のネーミングです。味は比べて濃厚さが強いような……あまり違いはわかりません。

 関西風も広島風も、おなじ範疇の食べ物で間違いはないんですが、広島風を食べるときはいまだにちょっと、気持ちを動かされる。こんな食べ方があるんだなー、と工夫の際限のなさに、食の探求の無辺さに。
 もやしがいいよな、これは調理法の勝利だよな。関西風でもやしを生地に混ぜても、たぶんそんなにおいしくないと思う。
 まだ食べたことがないものがいくらでもあって、これから先食べる機会があるだろうということが、素直に嬉しい。

 具がしっかりと具としてあります。豚もイカ天も食べ応えがあって、ソース味に飽きるとマヨネーズや、一味を加えてアレンジできて、それにも飽きてきた頃に、大葉に行き当たって、香りにまた食欲をそそられます。
 また、ボリュームもありました。体育会系の学生なら三枚ぐらいはぺろりといっちゃうでしょうが、おっさんのぼくの胃袋は一杯になりました。

 粉工房
 和歌山市松江北1-2-5 ヤマイチプラザ東松江1F
 11時半~午後2時、午後5時半~9時  
 073(454)7500
 定休 水曜   
タグ :お好み焼き


Posted by guntech at 09:14Comments(2)粉工房

2009年08月15日

米がごちそう

 パームシティにあるのが、「とんかつ かつ喜」。ガーデンパークにあるのが「しゃぶかつ かつ喜」。
 なにがちがうのかな?

 しゃぶかつ かつ喜


 日替わりランチ(997)



 ここはごはんがおひつで提供される……って、「とんかつ」のほうにも一年近く行っていないので、違いと断言できないか。キャベツもおかわり自由なのは、「しゃぶかつ」だからか。「とんかつ」はごはんと味噌汁だけだった……一年前は。ソースだけではなく、ポン酢や塩も持ってきてくれる。
 お昼時、ごはんは炊きたて。うまいなぁ……! かつ喜は米が美味しい印象がある。おかわり無料だから腹いっぱい食べるんじゃなくて、おいしいからたくさん食べる。
 しじみ汁もうまい。ただ、今回はやたら熱くて、沸騰させてしまったことがありありとわかるのが残念。

 おかずは、まあ、こんなものでしょ。
 バラ肉を巻いてスティック上にしたのがしゃぶかつ、というわけですな。脂が多いからか、これはポン酢でたべるとさっぱりしてよかった。
 ご飯はうまいし、それを美味しく食べる味噌汁や漬物もあるし。

     
タグ :とんかつ


Posted by guntech at 08:15Comments(2)かつ喜

2009年08月14日

自分の勘を信じてみる

 前を通ることが近頃重なって、なにか「よさげ」な空気を感じましたので。

 烈剛


 メニュー



 ちょっとお高めかな。
 ごはんとスープと漬物がつく「ご飯セット」、大阪王将でも見たけど、これうれしいね。一品にご飯セットをつけて、自分好みの定食にできるというわけだ。

 天津飯(680)

 ぼくの感覚からすると80円ばかり高い。その高い分だけ、美味しい。高価なカニではなく、エビにして「具」感を出すのもよろしい。餡はすっきりとしたしょうゆ味。気持ちばかり、ボリューミィかな。

 餃子(300)

 値段はこんなものか。王将が安すぎる。
 味は、そこそこだなー。

 いろんなメニューがあるのと、基礎力が高そうなので、また行きたいです。

 烈剛
 641-0012 和歌山県和歌山市紀三井寺738プリマベーラ1F
 073-445-3788
 営業時間 11:45~14:30 17:30~翌0:00
 定休日 水曜



   
タグ :天津飯餃子


Posted by guntech at 11:22Comments(4)烈剛

2009年08月12日

きまぐれラーメンロード

 行こうと思ってた店がお休みで(定休日でも営業時間の終わりでもないはずだぞ、プリプリ!)ふらりとこちらのお店に。

 まる福


 中華そば大盛り(700)

 すっきりさっぱりとした面構え――脂っ気がほとんど見えません。
 ふむふむ、スープにはコクもあってしっかりとした仕事が伺えるんですが、いかんせん、パンチが弱い。胡椒を入れてみると効きが予想以上によく、にんにくを入れると、これは予想のごとく、にんにくが暴君になってしまう。
 和歌山ラーメンのボリュームの少なさを予想しての大盛りでしたが、大盛りとしてのボリュームはたっぷりでした。
 そして大盛りとしてあらねばならないとぼくが常々思っている、スープの量も大盛りになっていることは高得点。並のサイズを食べてないので断言はできないんですが、あきらかに丼が大きかったので。

 あと、他のお客が頼んだ炒飯が、つやつやしていて、実においしそうだった。

 まる福中華そば
 和歌山市黒田127-5
 11〜14 18:30〜2
 月曜日休 073-473-8891
  
タグ :ラーメン


Posted by guntech at 08:56Comments(2)まる福

2009年08月11日

別添え

 モス。

 モスバーガー(320)

 メニューをよく見るとハラペーニョソース(30)なんかを追加できるとのこと。ほほう、おおいに興味があります。ください。

 照り焼きチキンバーガー(320)

 これは名作ですな。他チェーンの追随がないのが、すごい。

 で、ハラペーニョソースつきのモスバーガー、味がいつもと変わらない。たっぷりのソース、みずみずしいトマト、主張のあるタマネギのなかに埋もれちまったかなー……と考えていると……
 紙袋の底から……


 別添えかよ!


 で、後日改めて。

 モスバーガー(320)

 あまり美しい様子ではない、緑色のものがハラペーニョソース。
 いつもの味に辛みと酸味が加わって、なかなかよろしい。でも、30円出してわざわざって感じだし、なによりもタバスコでいい。持ち帰りで、家にタバスコ常備なら、それでいい。なによりハンバーガーにタバスコを垂らして風味を変えてもよろしいという事実に気づかせてくれたので、30円は安いと言えよう。

 エビカツバーガー(350)

 モスは他チェーンを凌駕する品質を保ってるんですが(もちろん値段も()、こればかりはマクドナルドのエビフィレオに負けていると思う。ソースが弱いんだよなー。  


Posted by guntech at 09:09Comments(3)モスバーガー

2009年08月07日

スイートメモリーズ

 MESSA高松の向かい。
 というよりも、旧和歌山大学向かい、と言った方が、その存在を正確に表してるでしょう。

 光陽軒

 なつかしい記憶をお持ちの方がたくさんいらっしゃるでしょう。ぼくも学生時代、大学の裏にあったてんぷら屋を懐かしく思い出します。あげたての天ぷらが定食で、500円でした。老夫婦が経営してまして、学生がおいしいおいしいと食べてくれるのが励み、みたいな店で……ああ、懐かしい。
 でもここはそんなにお安くはないので、バイト代や仕送りが入ったときのごちそうかな。

 メニュー



 ハイシライス(790)

 作るところを眺めてますと、フライパンにバターを落とし、そこへ薄切りの牛肉とタマネギ(たっぷり)を炒め合わせて、デミグラスを注いで仕上げる本格的なスタイル。

 トンカツ(740)

 ナイフとフォークで頂きます。厚みがあって、付け合わせもマッシュポテトのキャベツのオイル漬けで、その辺のものよりは気が入ってる。

 ハイシライスはタマネギの歯ごたえがいいな――うん? でも、ずいぶんと甘いな……デミグラスが。
 残念ながら、ぼくはこの味は好きじゃない。いくら何でも甘すぎる。お冷やで舌を洗いましたが、食べきるのがしんどいくらいの甘さ。ビジュアルはすんごくいいのになー。
 トンカツもハイシライスほど甘くはないんですが(ハイシライスのほうはデミグラスのそもそもの甘さに、ケチャップの甘さも乗ってる)、やはり甘い。
 ここは馴染まないかなー、と思ったんですが、ほかのお客が頼んだ、トンカツ定食のスープに驚く。
 定食のスープがパスタ皿なみの大皿に入ってる……!
 スープの類は好きなので、再訪は決定だな。

光陽軒
和歌山県和歌山市西高松1-4-18
073-424-0222
11~15 17~22 
定休日 第一第三日曜



  


Posted by guntech at 09:05Comments(4)光陽軒

2009年08月06日

ファミレス探訪4

 さて、深夜。
 ジョイフル。
 夏休みに入ると、深夜でもそこそこ客がいるから驚く。

 デミグラスハンバーグ(499)+和食セット(199) ¥698


 あらら、ハンバーグそのものの味わいがダメだ……なんか肉って感じじゃなくて、かまぼこみたいな食感がする……となればソースも弱い。
 これは深夜と言うことでの比較で、松屋のデミたまハンバーグ定食のほうがよろしい。580円だったかな? ただ松屋のはあからさまに電子レンジ調理、最初はハンバーグがとてつもなく熱いのが難点なんですけど。  


Posted by guntech at 08:52Comments(2)ジョイフル

2009年08月05日

喫茶店のカレー

 古いですよね。
 ぼくは南海っ子なので、加太線を利用する折、そして南海本線を利用する折にも、かならず目にするんです。
 紀ノ川駅そば。

 あうとばーん。

 コーヒーとカレーの店だそうです。
 カレーにしか興味ないんですけど。

 ジャーマンカレー(700)

 喫茶店ですから、ボリュームには期待できません。ちんまりとした盛りのごはん。

 味はかなり濃厚。
 煮詰まっているのかととイヤな予感が走りますが、濃厚ではありますが、クドくはない。味が濃いわけではなくて、この濃厚さが特徴なんでしょう。だから、具らしきものはない。煮込んで煮込んで、裏ごししてなめらかにして、さらに時間をかけて味を馴染ませた、カレー。辛いと言うほどではありませんが、スパイシーもあって、これはいい。
 和歌山のカレーでは、トップクラスの好みです。

 そして、ついてくるサラダ。

「ついてくる」レベルではないです。リンゴもついて、サラダとしてはボリューミィで、濃厚さに鈍磨しがちな舌をリフレッシュしてくれる。

和歌山県和歌山市市小路158-12
073-452-4019
6~18
定休日第1・3日曜
   
タグ :カレー


Posted by guntech at 08:49Comments(4)あうとばーん

2009年08月04日

ま、こんなもんだなー。

 さて、ほっかほっか亭で安くあげましょうかね。

 のり唐弁当(350)


 でもほかのお客が頼んだものに度肝を抜かれました。
 なんじゃ、ありゃ!
 いわゆる数量限定、御膳系。そんなに高いものじゃないんですけど、化粧箱入り。
 で、べつの日、頼んでみました。

 ビフカツ御膳(650)

 でかいんですよ、B4よりひとまわり小さいくらい……かな。

 中身。

 あら、意外と貧相。

 ビフカツ

 肉は薄くて小さくて、衣のほうが厚いくらい――ま、しかたがないよなー、650円で食べられるんだからなー、ビフカツが。味も、ま、仕方がないかなー、と納得するレベル。

 これならのリスペとかのほうが満足感は高いな。
 でも御膳シリーズは他にもあるから、もちろん、一概に言えることではありません。  
タグ :弁当


Posted by guntech at 08:48Comments(2)ほっかほっか亭

2009年08月01日

謎の骨片

 さて、北署前、寿楽。
 一品料理を確かめてみたい、と。

 五目焼きめし(600)

 ううん……味は悪くないんだけどなぁ、米がなぁ……パラリとした感じも米の歯ごたえもないんだよなぁ。炒飯用の米は、やはり専用で炊いてるか炊いてないかで、決定的な違いがでますね。

 唐揚げ(800)

 今回の主目的はこれ。
 やはり、かなりのボリューム、二人前ある。ひとつひとつは、そうだなぁ……寿司ぐらいはありますよ、それが6つ。肉は胸肉と腿肉が半分ずつ。わたしの胃袋で、この一皿で腹7分目ぐらいにはなります。

 で、食べているとやたら堅いところがある。
 カリカリに揚がった皮か? と最初は思いましたが、そんな堅さじゃない。吐き出してみると、小指の爪ほどの骨……あらら、と次の唐揚げにかかると、やはりやたら堅いところ――今度は軟骨でしたが、やはり小指の爪ほど……結局すべての骨なり軟骨なりがついてました。
 どういうことだろう?
 ここは鶏の唐揚げと天ぷらとふたつのメニューが併記されてまして、唐揚げは骨付き――というところまで推測はできましたが、なぜ、外からは絶対に確認できないサイズの骨? 歯に触ってはじめて気づくというのも、あまり愉快なことじゃない。

 ふうむ訊けばよかったな……でもほかのお客さんもいたからなぁ。

 ただ、ここは、丸鶏を捌いてるんですね。じゃなきゃ、小指の爪ほどの骨なんか残らないでしょ。
 丸鶏を仕入れてるのか、スープがおいしいわけだ。  
タグ :炒飯唐揚げ


Posted by guntech at 10:41Comments(2)寿楽