2007年02月10日

お米の国のひとだもの

 おなか空いた。
 さて、今日はなにを食べよう。
 焼きそば、ラーメン、パスタと麺類が続いているから、ごはんだな。ごはんが食べたい。
 ああ、それにしても鬱陶しい。ポケットのなかの小銭入れが重くて膨れているので邪魔……小銭で1400円ぐらい入っているはず……
 ええい、小銭を処分するぞ。1000円ぐらい使って、小銭入れを軽くするぞ。

 まかない亭

 ごはん、豚汁、やまかけとろろ、水菜のおひたし、さんまみりん干し(189、210、189、189、210)。計987円。高いのはわかっているから、もう驚かない。
 驚かないにしても、一円玉が六枚しかなかったのは悔しかった。三円だして、五円に替えて貰ったけれど、一円玉を使い切る快感は味わえず。

 ごはんはうまい。なにがうまいってうまく表現できませんが、しみじみうまい。米を食うのが30時間ぶりだったということもあるでしょうが。

 さんまみりん干し

 どぎつい甘さのない、じつに好感の持てるみりん干し。

 水菜のおひたし、やまかけとろろ

 水菜が文字通り、お「浸し」なってる。湯がいて絞って醤油で頂くものがおひたしだと思ってました。このたっぷりの出汁がおいしい……水菜だけを食べるものなんでしょうが、出汁もぐびぐび飲みました。
 素でごはんを半分食べて、残りはとろろめしで。ああ、ずるずるずるずる。

 豚汁

 具がおいしい。
 ただ、汁がちょっと不思議な味なんですよ。味噌が薄く、ほとんどすまし汁のような感じ。しかも後味に胡椒の風味が……胡椒? ぼくの舌はタバコで虐められてますから、繊細な味を感じるのは苦手なんですが、なんど確かめても胡椒の味……しかしベースの出汁がしっかりしているので、不味くはないんですね。なんだろ、これ?

 値段はともかく、満足しました。米、米が食べたかったんですよ。
 パンも麺も粉もんも好きだけど、一日かそこら食べなくても困らない。でも、米は、米だけは――どうしても、切れるとしんどいんですよねぇ……



 


同じカテゴリー(まかない亭)の記事画像
魚を食べよう
その値段であればこそ
驚きを忘れない
トラウマを乗りこえろ!
初もの
エビ!
同じカテゴリー(まかない亭)の記事
 魚を食べよう (2008-12-04 10:21)
 その値段であればこそ (2008-06-29 10:05)
 驚きを忘れない (2008-02-13 10:22)
 トラウマを乗りこえろ! (2007-12-12 10:38)
 初もの (2007-09-20 10:41)
 エビ! (2007-07-04 10:17)

この記事へのコメント
こんにちは。
やっぱり米だけは欠かせないですよね(笑)

でも米のおいしいお店って少なくないですか?
またいいとこあったら紹介してください。
Posted by ぴょん吉 at 2007年02月10日 12:35
>ぴょん吉さま
はじめまして。
たしかに基本の基本、ごはんのおいしい店というのは、難しいですねぇ。お釜で炊くのが自慢の、まいどおおきに食堂(中食堂とか、中之島食堂とか)も、堅さ柔らかさすら一定しませんからねぇ。
でも、ご紹介できるように、食って食って食いまくりますね。
Posted by guntech at 2007年02月11日 10:14
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。